ブログネタ
.気になったニュース43 に参加中!




今年もノーベル賞発表の季節がやってきました。
2000年以降、国別ではアメリカの40人超が圧倒してますが、9人受章している日本はイギリスと並んで2位を走っています。

それまでは、数年に一人出れば国を挙げての大フィーバーといったところでしたが、近年は1年に複数人でることが続き、ノーベル賞受賞者の名前もすべて覚えきれないというのが現実ではないでしょうか。

先程、医学生理学賞の発表がありましたが、これは、アメリカの3人の教授が受賞したようです。

今年の日本人では、近年毎年名前の挙がる村上春樹さんが最も有力候補といえそうです。
もっとも、ノーベル文学賞は、すでに人気のあり、十分な名声のある作家に必要かどうかは疑問なところはありますが、受賞すれば読者の裾野が広がることは間違いありません。

それほど、気にすることもないのにと思いつつ、受賞の行方を見守ってしまいます

2000年以降日本人が、ノーベル賞を9人も受賞しているなんて、なんだかすごいですね。